<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2日目◇23日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

首位とは2打差。2アンダー・4位タイと好位置からスタートしたアン・シネ(韓国)。日本ツアー初優勝を目指し、最終日に向けて上位をキープしたかったが、2バーディ・3ボギーの“73”と失速。トータル1アンダー16位に後退した。

アン・シネの“ずんだ餅”ウェアがたくさん!セクシー・クイーンの特選フォト
「今日は肉体的にも精神的にもすごく疲れていて…さらに昨日食べたものが合わなかったようで上手く消化できずコンディションが良くない状態でした」と出だしのボギーからずっと悪い流れを断ち切れず。前半はノーバーディで2つのボギーと全くかみ合わなかった。

ようやく最初のバーディを奪ったのは14番。「後半からようやくショットのタイミングを掴めてきて」と3打目を1.5mにつけてもぎ取った。何故かこの時、シネは必要以上に安どした表情を見せた。そのことをホールアウト後に質問されると、笑いながら答えてくれた。

「あのバーディパットを打つ前にギャラリーの人がコーラの缶を開けたのですが、その時にプシュっと前の人にコーラがかかってしまったんです。かかった人がまたすごく良い人で、何も言わずかかった部分をハタいていたんです。それがおかしくておかしくて(笑)笑いをこらえるのが大変でした。だから決めた後、すごくホッとした表情をしたんです」

そのバーディの後はボギーを1つ叩いたものの、しっかりと18番をバーディで締めて明日につなげた。「後半に行くにつれてショットの感じがつかめてきました。明日は上手にプレーできると思います。明日は上はホワイト、下はブラックの“ジグザグ”ウェアで頑張りたいと思います」と最終日を見据えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>