<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 3日目◇23日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>

日本とアジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」の第3ラウンド。初日、2日目と単独首位を守り通した高山忠洋がティオフ。自身初の完全優勝を狙い、まずはスタートホールの1番をパー発進としている。

歴代賞金王ねじふせた!高山夫妻が喜びを分かち合う
5打差2位に今平周吾、6打差3位タイにジェイブ・クルーガー(南アフリカ)、プーム・サクサンシン(タイ)、コウ・ケンギョウ(台湾)が続いている。

2週連続優勝がかかる池田勇太は13ホールを消化し、トータル1オーバー47位タイ。賞金ランク2位の宮里優作は前半9ホールを終え、トータル2アンダー34位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>