<アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ  2日目◇22日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>

初日を3アンダーの16位タイとしていた片山晋呉が、第2ラウンド終了後に提出したスコアカードに過少申告(※6-6d違反)が見つかり失格となった。

今年は女子ツアーでも… あの女子プロが失格処分に
3アンダーの16位タイから出た片山は、この日スコアカード上では3ストローク落とし、トータルイーブンパーでホールアウト。スコアのアテストを終えた。しかし、その後15番パー4で“6”だったはずの片山のスコアが、“5”と記されていることに気付いた大会関係者が本人に確認。勘違いによる過少申告を認めたため、失格となった。

大会関係者によると、片山は過去にも失格処分を受けている。2010年の「The Championship by LEXUS」でのスコアのサイン漏れ、2007年の「マンシングウェアオープン」における中断再開のサイレン前のプレー、2005年の「ブリヂストンオープン」におけるスコア過少申告の3回。今回の失格で通算4度目となる。

先々週に開催された「ISPSハンダマッチプレー選手権」で最年長マッチ王者に輝くなど、ツアー通算31勝を誇る44歳のベテランが、思わぬ形で姿を消すことになった。

※6-6d スコアの誤記
競技者は、自分のスコアカードに記入された各ホールのスコアが正確であることについて責任がある。競技者があるホールのスコアを真実のスコアよりも少なく申告した場合、その競技者は競技失格となる。競技者があるホールのスコアを真実のスコアよりも多く申告した場合は、そのホールのスコアは申告どおりとする。(JGAゴルフ規則より抜粋)

<ゴルフ情報ALBA.Net>