<中国新聞ちゅーピーレディースカップ 最終日◇22日◇芸南カントリークラブ(6,424ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第17戦「中国新聞ちゅーピーレディース」の最終日。2位タイから出た福山恵梨がスコアを3つ伸ばしてトータル12アンダーで逆転勝利、今季3度目の栄冠を手にした。

広島決戦は最終ラウンド!フレッシュ美女見るならステップLIVEフォト
この日ボギー発進となった福山は、「前半は苦しかったです。出だしでボギーを叩いて“何やっているんだろう”って悲しかった。(同組の)他の2人はフェアウェイなのに、私はずっとラフを歩いていた。“今日は私の日じゃないのかな”って思いました。優勝争いしているのに、前半1オーバーですから」。2番から9番までをパーで終え、スコアを1つ落として前半を終えた。

しかし、このままでは終わらない。「ハーフターンして、(照山)亜寿美ちゃんと2打差だったので、“後半は全部バーディを獲ってやろう”っていう気持ちに変わりました」。言葉通り勢いを取り戻し、10番・11番と連続バーディを奪うと首位を走る照山と並ぶ。そこで「気持ちに余裕ができた」福山は、13番で3メートルのバーディーパットを決め、続く14番でもグリーンエッジから7メートルをパターで沈めた。そのままスコアを落とすことなくトータル12アンダーでホールアウト。ステップ・アップ・ツアー史上初のシーズン3勝目を達成した。

「“初”っていうのは、うれしいですね。やっぱり広島と相性いいかもしれないですね。生まれも育ちも福岡市なので、野球はソフトバンクですけどね(笑)。日本シリーズでカープと戦ったとしても、野球はソフトバンクを応援しますよ(笑)。私のゴルフは、福岡1勝、広島2勝ですけど、日本シリーズでは負けませんよ」と、茶目っ気を交えつつ次への意気込みを語った。

今大会での優勝賞金360万円を加え、賞金ランク首位に浮上。賞金女王争いを繰り広げている谷河枝里子を抜いて福山がトップに立つのは、「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」以来となる。「メッチャうれしいです。今年一番うれしいかも(笑)。この勢いでステップ初の賞金女王を目指したい」。ステップ・アップ・ツアーも残り4試合。今後も熱戦から目が離せない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>