<中国新聞ちゅーピーレディースカップ 2日目◇20日◇芸南カントリークラブ(6,424ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第17戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の2日目が終了。今年の「パナソニックオープンレディース」で、ステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った野澤真央がトータル10アンダーで単独首位に立った。

原石たちの熱戦の様子は写真で!中国新聞ちゅーピーレディースカップのライブフォト
2日連続で“67”をマークするも、「昨日とは真逆でした」とこの日のプレーを振り返った野澤。ボギースタートとなった第2ラウンド、「フェアウェイに行ったのが3回は厳しかった。朝の練習場からドライバーショットが良くなくて、スタートから右にプッシュし林に行った」とまず口をついて出たのは反省点。その2番でバーディを奪うも、「ドライバーショットは右に左に乱れた。ショートパットも朝から引っかけたりして、短いバーディーパットも入らなかった」。それでもパーを重ねて“36”で前半を折り返した。

「インコースは得意」と話す野澤は、言葉通り10番で1.5メートル、12番では3メートルのバーディーパットを沈めるなど、後半で5バーディを奪取し順調にスコアを伸ばす。「“こんな感じかな”って、軽い感じで打てたのが良かった」と最終ホールも7メートルのバーディーパットを決めて初日と同じ“67”をマーク、単独首位に浮上した。

今季はこれまでレギュラーツアー10試合、ステップ・アップ・ツアー9試合を戦ってきた野澤。「この試合ぐらいから、レギュラーツアーではウェイティングが下りて来ないだろうと思っていたので、ステップに専念すると決めていました。私は(ステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング)11位なので、サードQTが免除になる5位との差もそこまでない。残り試合でなるべく上を目指したいですが、結果を残せば自然と上がっていくので、明日も気にせずプレーしたい」と賞金ランク争いへの意気込みを語った。

「昨日も今日も“67”だったんですけど、去年も一昨年も“67”出しているんですよ。だから、
明日もう一回67出したい。最終組なので、そこまでうまくいかないと思うけど、明日も伸ばし合いを出来るように頑張りたい。アウトで流れを崩さないようにして、あとは気持ちで負けないようにプレーしたい」。野澤は同大会で過去6ラウンド中、4度も“67”をマークするなど芸南カントリークラブとの相性も抜群。明日も同じゴルフができれば、ステップ・アップ・ツアー2勝目にさらに近づけるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>