<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 事前情報◇21日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」から3週連続で日本ツアーに出場するアン・シネ(韓国)。岩手から愛知、そして宮城と移動が続くが、先週の「マンシングウェアレディース」終了後に緊急帰国。韓国でトレーニングを積んでから「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の会場である利府ゴルフ倶楽部に乗り込んだ。

今までのセクシーウェアをおさらい!アン・シネの特選写真館
「私は元々シーズン中もトレーニングしていたんです。ですが、日本と韓国を行ったり来たりする中で、中々時間が取れていませんでした」とシネ。「私の体は左側がちょっと弱いので、疲れが出てくると左が弱ってくるんです。なので定期的に左、特に下半身を中心にトレーニングしたり、バランス系のトレーニングをして体を整えているんです」と、このタイミングでトレーニングを行った理由を説明した。

その影響により、まだ筋肉痛がある状態で臨んだ今日のプロアマ。「まだ体がだるい状態ですが、今日は良くプレーできた」と一定の手ごたえはある。また吉兆も。「17番で残り100ヤードからチップインイーグルを奪うことができました。明日から良い成績を出せそうです」と期待感を口にした。

「グリーンが固いのでしっかりとフェアウェイをキープしていきたいですね。あとショートパットも慎重に、急がず打っていきたいと思います」とコースを警戒したセクシー・クイーン。「今日のお昼にいただいたずんだ餅がおいしかったので、明日はずんだ餅をコンセプトにしたウェアで挑みたいと思います(笑)」と“ご当地ウェア”でスタートダッシュを狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>