<アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ  事前情報◇20日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>

現在賞金ランキングで3位につける今平周吾。前週の「ANAオープン」ではプレーオフの末、優勝を逃したが、今週はツアー初優勝を挙げた時の“美人女子大生”キャディと再タッグを結成。ツアー2勝目を狙う。

勝利の女神は女子大生!?美男美女コンビの再タッグは?
ANAオープンの結果については、「あんまり気にしていない」と振り返った今平。「火曜日のプロ・アマ戦で初めて回った」というコースについては、「難しい」と一言。練習日となったこの日も18ホールをラウンドし、細かくチェック。「ラフが深いのでフェアウエーキープが大事。グリーンも乗せる場所をしっかりしないと3パットする」と警戒した。

そんな今平だが、今週は“勝利の女神”がバッグを担ぐことに。今季エースキャディを務める柏木一了さんがANAオープン終了後に体調不良を訴えたため、ツアー初優勝を飾った今年5月の「関西オープン」でキャディを務めた、岐阜・中部学院大学4年の若松菜々恵さんに急遽依頼。関西オープン以来の再タッグが決まった。

「優勝したキャディなので験担ぎも…」とはにかんだ今平だが、これまで距離の計算などをまかせていた柏木キャディとは経験が違うことから、「今週は自分でやります。たまには自分でやるのが大切」とキッパリ。しかし、「今回優勝したら、柏木キャディに戻せないんじゃない」という意地悪な質問には、「それはちょっと…」と最後は苦笑いだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>