国内女子ツアーで人気急上昇中のツアールーキー、セキ・ユウティン(中国)にスポットを当てる「スイートハートのAtoZ」。今回は「中国時代によく行ったところ」について話してもらった。

妹との美人タッグも!?セキ・ユウティン特選フォトギャラリー
父親の仕事の都合で福井、京都、横浜と、生まれてから転々としながら日本で過ごしていたユウティン。「中国に引っ越してからは上海で過ごしました。それから父の仕事の都合により南通市というところで2〜3年過ごし、また上海に戻りました」。

上海で過ごした幼少期、何度も足を運んだところがあったのだという。「歓楽谷(ハッピーバレー)という遊園地がとーっても大好きで、年間パスポートを買ってもらい、小学校のころは妹と一緒に何度も行っていました。当時、まだディズニーランド(上海に2016年6月オープン)がなかったですから、歓楽谷ばかり連れて行ってもらっていました。だから、まだ上海のディズニーランドには行ったことがないんです。行きたいんですけどね、オープンしたときにはゴルフが忙しくなっていましたので」。横で聞いていた父・越東さんも、「(歓楽谷には)本当に何度も行きました」と話していた。

ちなみに今、ユウティンが一番行きたいところはフランスだという。「14歳のときにエビアン選手権の後にあったジュニアの試合(エビアンチャンピオンシップジュニアカップ。14歳以下の世界16カ国による国別対抗戦と個人戦)で行ったとき、印象がすごく良くて。もう一回行ってみたいですね」。日本で行きたいところは富士山だという。「新幹線や試合会場から何度も見ているのですが、まだ実際に登ったことはないので。一度頂上までチャレンジしたいですね」


■セキ・ユウティンプロフィール
セキ・ユウティン(石・日の下に立、女へんに亭)/1998年3月5日生まれ、福井県出身。中国人の両親から福井県で生まれ、5歳まで日本で育つ。その後、中国へと渡り妹と共にアマチュア時代から美人ゴルフ姉妹として活躍。16歳の時に出場したアジア太平洋のアマチュアゴルフ団体戦「クイーンシリキットカップ」では、当時の日本代表・勝みなみ、森田遥らを退けて個人優勝を果たし、中国を団体2位に導いた。2016年の中国女子ツアーでは3月に初勝利を挙げるなど賞金ランク1位。中国期待の新星はさらなるレベルアップを目指して日本ツアーの門をたたいた。端正な顔立ちに加え、笑顔が多く女性らしい可愛らしい声から“スイートハート”の愛称で親しまれている。171cm・63kg。

<ゴルフ情報ALBA.Net>