<女子世界ランキング>

9月18日付けの女子世界ランキングが発表され、海外メジャー最終戦「エビアン選手権」で現役最終戦を終えた宮里藍は4ランクアップの104位でツアー生活に幕を閉じた。

【関連写真】笑顔のち涙…宮里藍の最終戦をフォトギャラリーで振り返る!
同大会を優勝したアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)は9つ順位を上げて4位に。最終日まで優勝争いを演じ、10位タイに入った上原彩子は34ランクアップの129位とした。

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース」を制した川岸史果は16ランクアップの46位に浮上。42位に順位を落とした鈴木愛に肉薄、日本勢2番手の見える位置に躍り出た。

1位:ユ・ソヨン(8.71pt)
2位:パク・ソンヒョン(8.05pt)
3位:レクシー・トンプソン(8.05pt)
4位:アンナ・ノルドクビスト(7.04pt)
5位:アリヤ・ジュタヌガーン(7.02pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.84pt)
7位:チョン・インジ(6.84pt)
8位:リディア・コ(6.68pt)
9位:キム・インキョン(6.54pt)
10位:インビー・パーク(5.65pt)

24位:野村敏京(3.42pt)
29位:キム・ハヌル(3.14pt)
38位:イ・ボミ(2.57pt)
42位:鈴木愛(2.44pt)
46位:川岸史果(2.32pt)
59位:笠りつ子(1.92pt)
104位:宮里藍(1.14pt)
129位:上原彩子(0.89pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>