<エビアン選手権 最終日◇17日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

海外女子メジャー今季最終戦「エビアン選手権」最終日。現役最後の戦いを終えた宮里藍・試合後、英語の会見を終えると会見場のテレビに日本の後輩からのビデオメッセージがサプライズで流された。

【関連写真】宮里藍最後の4日間をフォトギャラリーで振り返る!
メッセージは以下の通り

有村智恵
「藍先輩、現役生活本当にお疲れ様でした。これからゴルフコースで会えないのは寂しいですが、新たな宮里藍の姿が見られるのは楽しみです。たくさんの夢をありがとうございました」

上田桃子
「藍ちゃん、いつも藍ちゃんの背中を追ってジュニアのときから頑張ってきた。最後に日本でいっしょに回れたことは私の宝物。これからわしたち後輩がしっかり引き継いでがんばっていきます。お疲れ様でした」

原江里菜
「藍先輩、これまでたくさんの指摘と素敵な時間をありがとうございました。これからもたくさんの思い出が作れますよう、よろしくお願いいたします」

宮里美香
「藍先輩、14年間の競技生活、本当にお疲れ様でした。お互いの初優勝をみられたこと、2011年、全米女子オープンで最終日、最終組で回れたことはすごくいい思い出です。いろいろあると思いますが、藍先輩らしくこれからも過ごしてください」


これらのメッセージを受け取った宮里は再び涙が止まらず。「すごく嬉しいです。それぞれに思い入れがあって、その分、泣けてくる部分もある」とコメント。「これだけ強い世代で一緒に戦えたこと誇りに思うし、これから色々なものを背負う立場になる選手たちですが安心して託せると思います」とバトンを渡した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>