<BMW選手権 最終日◇17日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>

米国男子ツアー、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」最終ラウンドがスタート。唯一の日本勢・松山英樹が4バーディ・ノーボギー・1ダブルボギーとスコアを2つ伸ばして最終日のラウンドを終えた。

【スイング連続写真】松山英樹、大きい体重移動を支える強靭な下半身
トータル3アンダー・49位タイから出た松山は、前半スコアを1つ伸ばすと11番でもバーディ。だが14番で痛恨のダブルボギーを叩く。それでも次の15番、そして上がりの18番でスコアを伸ばしてホールアウト。トータル5アンダー、現時点で47位に浮上している。

現在のトップはトータル21アンダーのマーク・リーシュマン(オーストラリア)。トータル16アンダー・2位タイに、リッキー・ファウラー(米国)とジェイソン・デイ(オーストラリア)がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>