<BMW選手権 最終日◇17日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>

米国男子ツアー、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」最終ラウンドがスタート。唯一の日本勢・松山英樹が1バーディ・ノーボギーとスコアを1つ伸ばしてハーフターンを迎えた。

【関連写真】再び舞台へ上がれるか… がっちりと握手をかわす“リョウ&ヒデキ”
トータル3アンダー・49位タイから出た松山は、出だしからパーが並ぶ展開が続いたが、8番パー5での3打目を3mにつけてバーディを奪取。トータル4アンダー、現時点で48位タイと1つ順位を上げてサンデーバックナインへと入っていった。

現在のトップはトータル19アンダーのマーク・リーシュマン(オーストラリア)。5打差のトータル14アンダー・2位タイには、リッキー・ファウラー(米国)とジェイソン・デイ(オーストラリア)がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>