<BMW選手権 最終日◇17日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>

米国男子ツアー、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」最終ラウンドがスタート。唯一の日本勢・松山英樹も最後の18ホールをスタートした。

【関連写真】再び舞台へ上がれるか… がっちりと握手をかわす“リョウ&ヒデキ”
トータル3アンダー・49位タイから出た松山は、出だしの1番で左のファーストカットからの2打目でピン奥約5.5mにつけるがバーディパットを決められず。スタートホールをパーとしてコースへと飛び出した。

3日目のラウンド終了後に「ビッグスコアだせればまだトップ10に入れそうなスコアだから、明日天気悪そうなんで伸ばせるように頑張りたい」と話していた松山。ここから猛チャージと行きたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>