<アルバートソンズ・ボイジーオープン 3日目◇16日◇ヒルクレストCC>

米PGAツアーの出場権をかけた戦い、ウェブドットコムツアー・ファイナルズ第2戦「アルバートソンズ・ボイジーオープン」。現地時間16日(土)に3日目がスタートし、石川遼がラウンドを終えた。

再び舞台へ上がれるか… がっちりと握手をかわす“リョウ&ヒデキ”
アウトから出た石川は、2番パー5、4番パー3でバーディを奪いながら、5番パー4、9番パー4でボギーと前半はイーブンパー。後半も12番パー4で3パットのボギー。さらに15番パー4では3オンからの3パットでダブルボギーと、ズルズル後退した。

それでも17番パー3、18番パー4で連続バーディを奪い、3日目は1オーバー。通算8アンダーとスコアを落としたが、かろうじてV戦線に踏みとどまったといえる。

石川がプレーを終えた時点でのトップは、トータル15アンダーのタイラー・ダンカン(米国)となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>