<BMW選手権 3日目◇16日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>

米国男子ツアー、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」の3日目のラウンドがスタート。2アンダー47位タイからの巻き返しを狙う松山英樹は、日本時間の午後11時4分に1番からティオフした。

スイング解説】松山英樹、大きい体重移動を支える強靭な下半身
14打差ある単独首位のマーク・リーシュマン(オーストラリア)を初めとする上位陣に少しでも近づくため、ビッグスコアが欲しい松山。1番パー4では、ティショットを1オンさせるスーパーショットを披露。さらに4mのイーグルパットもきっちり決め、いきなりのイーグル発進。幸先のいいスタートを切った松山の“ムービング・サタデー”でのジャンプアップに期待したい。

トータル16アンダーで単独首位に立つリーシュマンは、3打差2位タイのジェイソン・デイ(オーストラリア)と、日本時間の17日(日)午前02時50分にスタートする予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>