<山陽新聞レディースカップ 初日◇15日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,351ヤード・パー72)>

9月15日(金)〜17日(日)の日程で開催されるステップ・アップ・ツアー第16戦「山陽新聞レディースカップ」。「山陰合同銀行Duoカードレディース」で、プロとして初優勝を果たした勝みなみは、初日1アンダー・29位発進と、まずまずの滑り出しとなった。

フレッシュガールをリアルタイム配信!大好評のステップLIVEフォト
「朝からショットが安定していませんでした。ドライバーはかろうじてフェアウェイに残ってくれましたが、セカンドショットでは、インパクト時に左肩が上がり、顔の起き上がりが早くなっているのを感じていて、ボールは右へ右へ…」と初日のプレーを振り返った勝だが、2バーディ・1ボギーとしっかりとスコアをまとめた。

3番でボギー先行も前半上がりの9番で3mのバーディパットを沈めると、10番パー4でも157ヤードの2打目を2.5mに寄せて、アンダーパーに。少ないチャンスは確実に決め、後半が耐えるゴルフで1アンダーをキープした。

例年ギャラリー数が多いことで知られる同大会だが、この日は昨年の約2800人を上回る約4000人が来場。勝が最終組でティグラウンドに立ち、選手紹介を受けると、温かく大きな拍手に包まれた。

「お客さんがいらっしゃると自分もやる気がでます。多ければ多いほど、パフォーマンスも上がる気がするので、
その点ではすごく楽しかったです」。耐える展開のなか、気持ちを切らさずにパッティングでしのげたのは、ギャラリーからの声援の効果もあったことだろう。

非常に強い台風18号や前線の影響で2日目以降は、風雨のなかでのプレーが予想されるが、「1打1打集中して1つでも順位を上げたいです」と巻き返しを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>