<BMW選手権 初日◇14日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>

松山英樹が初日のラウンドを2バーディ・3ボギーの“72”で終了。現時点で56位タイと大きく出遅れた初日となった。

竹安俊也が目指すのは“松山体型”?!
前半を1バーディ・2ボギーで折り返した松山。後半に入っても、なかなかバーディを奪うことができず、15番でボギーが先行する苦しいゴルフを展開。しかし、最終18番ホールで、ようやくこの日2つ目のバーディを奪い1オーバーでホールアウト。上位陣がスコアを伸ばす中、厳しい滑り出しとなっている。

現在のところ、9アンダーでホールアウトしたマーク・リーシュマン(豪州)が単独首位。2打差の2位タイには、ジェイソン・デイ(豪州)、チャーリー・ホフマン、ジェイミー・ラブマーク(ともに米国)の3人がつけている。

そのほかでは、フェデックスランキング1位のジョーダン・スピース(米国)が6アンダーの5位タイ、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)がイーブンパーの49位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>