今週開催の「マンシングウェアレディース東海クラシック」を含めて、残り11試合となった国内女子ツアー。賞金女王争いも目が離せないが、もうひとつ注目なのが賞金シード争い。来季のツアーを彩る50人はいったい誰になるのか。今季ここまでのシード権争いの中で、気になる選手をまとめてみた。

先週の熱戦を250枚以上の写真でプレーバック!
賞金ランキングの対象となるツアー38試合での賞金総額は、5年連続で過去最高額を更新した。そうなると、それに伴って上がるのがシード権の確定ライン。去年は2,000万円だったが、今年は2,400万円がほぼ確定ラインになると予想されている。

先週の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」では、賞金総額がツアー史上最高額の2億円。同大会で3位につけた東浩子は1,400万円を手にし、今季の獲得賞金額が2,400万円を突破。プロ6年目にして初となるシード権を、ほぼ手中に収めたと言っていいことになる。

また、昨季は獲得賞金194万円でランキング114位だった川岸史果が、今季5,576万9,000円の8位と快進撃を見せている。同じく去年に比べて急上昇しているのが武尾咲希。昨季の1,553万2,916円から大きく伸ばし、今季は2,892万6,654円の24位。すでに当確ラインの2,400万円を超えた。

一方、今季から国内ツアーに本格復帰し、主戦場を米国から日本に移した有村智恵は、シード権外の64位。ツアー21試合に出場して未だベスト10入りがなく、獲得賞金は1,164万5,856円となっている。昨季5,208万4,177円を獲得し、賞金ランク15位でシード権を手にした松森彩夏も、今季は1,305万9,500円と苦戦を強いられている。

直近3年の50位を見てみると、昨年は金田久美子の2,013万5,833円、2015年は柏原明日架の1,791万6,000円、2014年はイ・ジウ(韓国)の1,760万5,017円と、やはり金額は少しずつアップ中。今週の「マンシングウェアレディース」含めて、ツアーも残り10試合。これからさらに激しくなる賞金シード争いからも、目が離せない。

40位:若林舞衣子(22,254,750円)
41位:大山志保(21,365,466円)
42位:下川めぐみ(21,358,650円)
43位:服部真夕(20,973,000円)
44位:大城さつき(19,065,278円)
45位:木戸愛(18,663,625円)
46位:酒井美紀(17,476,125円)
47位:ベイブ・リュウ(17,097,400円)
48位:イ・ナリ(16,701,533円)
49位:飯島茜(16,392,657円)
50位:佐伯三貴(14,867,857円)
-賞金シード-
51位:福田真未(14,857,466円)
52位:O・サタヤ(14,697,000円)
53位:香妻琴乃(14,381,000円)
54位:鬼頭桜(14,377,000円)
55位:濱田茉優(14,345,150円)
56位:黄アルム(14,116,790円)
57位:大江香織(14,004,650円)
58位:岩橋里衣(13,863,571円)
59位:永峰咲希(13,854,200円)
60位:福田裕子(13,814,016円)
61位:松森彩夏(13,059,500円)
64位:有村智恵(11,645,856円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>