「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でツアー通算22勝目、メジャーでは2勝目となる勝利を飾った、38歳のベテラン、イ・チヒ(韓国)。「持ち球はドローですがフックが強くなり、同じ番手でも距離のばらつきが出てしまったので」と、7月から思いきって持ち球をフェードに変更。そのスイング改造を支えたクラブセッティングをひも解いてみる。

新人女子プロの注目選手のスイングフォトギャラリー
縦の距離感が良くなったというアイアンの使用シャフトは、軽量スチール「N.S.PRO ゼロス プロト」のフレックスR。クラブ契約を結ぶグローブライド担当者に聞いてみると、「『N.S.PRO ゼロス プロト』シャフトを採用することで、フェードに打ち方を変えてもヘッドが暴れることなく、意図する方向に打ちやすくなりました。やさしく打ちたいけど振り心地がある程度しっかりしていて、かつ全体がしなり戻るシャフトとのマッチングで、意図する距離感が出せるようになったともいえます」と分析。操作性がありやさしさも備える「オノフ フォージド KURO(2015)」ヘッドとの相乗効果で、縦の距離感もピッタリで打てるようになった。

一方、球筋をフェードに変えたというドライバーのシャフトは「アッタスパンチ5」のフレックスS。「前回使用していたモデルよりも、より中間部から先端が硬く思いき振れます。球がつかまりすぎることなくフェードが打ちやすいと思います。つかまりすぎない強弾道ヘッドの『オノフ ドライバー KURO(2017)』の性能ともマッチして、意図する弾道が打ちやすくなりました」(グローブライド担当者)。左へのミスを怖がることなく振れる安心感は、スコアメークするうえで大切な要素ともなる。

老練な技でメジャーを制覇したイ・チヒ。思い切ったスイング改造を支えたのは、新クラブの安心感があったわけだ。

【イ・チヒのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:グローブライド オノフ ドライバー KURO(2017)10°
(アッタスパンチ/5S、46.125インチ)
3W:グローブライド オノフフェアウェイアームズラボスペック TS358 15°
3UT:キャロウェイ ビッグバーサアルファ 815 20°
4UT:キャロウェイ ビッグバーサアルファ 815 24°
5UT:グローブライド オノフフェアウェイウイングス KURO 27°
6I〜PW:グローブライド オノフ フォージド KURO(2015)(N.S.PRO ゼロス プロト/R、PWは45°)
AW:グローブライド オノフ フォージド 50°
AW:フォーティーン RM-21 54°
SW:フォーティーン RM-21 58°
パター:オデッセイ ミルド・コレクション #5
ボール:タイトリスト V1

<ゴルフ情報ALBA.Net>