<オメガヨーロピアンマスターズ 最終日◇10日◇クランスシュルシエレGC(6,848ヤード・パー70)>

欧州男子ツアー「オメガヨーロピアンマスターズ」の最終日。この日は、日没サスペンデッドになった第3ラウンドの残りと第4ラウンドが行われ、スコット・ヘンド(オーストラリア)とマシュー・フィッツパトリック(イングランド)が、トータル18アンダーでホールアウト。プレーオフを制したフィッツパトリックが、今季初勝利を飾った。

悪天候の中繰り広げられた美女ゴルファーの激闘を珠玉の写真で振り返ろう
初日から首位を守り続けてきたヘンドと、最終日に“64”の猛チャージで首位に並んだフィッツパトリック。18番パー4で行われたプレーオフは、2ホール目まで互いにパーで譲らず3ホール目に突入。ボギーを叩いたヘンドに対し、フィッツパトリックがパーをセーブして、ツアー通算4勝目となる今季初優勝を挙げた。

3打差の3位タイには、タイレル・ハットン(イングランド)とファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)。4打差の5位には、27位からジャンプアップしたミッコ・イロネン(フィンランド)が入った。

日本勢で唯一この大会に参戦していた川村昌弘は、予選落ちとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>