<デル・テクノロジーズ選手権 最終日◇4日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

米国男子プレーオフシリーズの第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」の最終日。松山英樹が前半のプレーを終えた。

W杯で黄金タッグ結成!ガッチリと握手を交わすリョウ&ヒデキ
松山は2番パー5で2オンに成功。バーディを先行させると、5番でもセカンドショットを約1.5メートルにつけさらにスコアを伸ばす。そして7番パー5でもバーディを奪い、ハーフで3つ伸ばしバックナインのプレーに入った。

松山のハーフターン時の順位は33位。最終組のジャスティン・トーマス(米国)とマーク・リーシュマン(オーストラリア)は、日本時間の5日午前2時40分にティオフする予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>