<デル・テクノロジーズ選手権 3日目◇3日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

米国男子プレーオフシリーズの第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」の3日目。47位から出た松山英樹はインコースからスタートした。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック
松山は前半で2つスコアを伸ばして折り返すと、後半も2番パー5でもバーディが先行。ムービングデーに順調にスコアを伸ばしてきたが、上がりの8、9番で連続ボギー。この日は3バーディ・2ボギーの“70”でラウンドした。

松山はスコアを1つ伸ばしトータルイーブンパーでフィニッシュ。ホールアウト時点の順位は36位タイとなっている。この時点の首位は17ホール消化で8つスコアを伸ばす猛チャージをみせ、トータル12アンダーでプレー中のジャスティン・トーマス(米国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>