<フジサンケイクラシック 3日目◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

“68”の好スコアで首位タイ発進も、2日目に4オーバーで16位タイに急落。このままズルズルと沈んでいく恐れもあった武藤俊憲だが、ムービングサタデーのこの日は3バーディ・1ボギーの“69”をマーク。トータル1アンダー6位タイで最終日を迎える。

つもりにつもった800万… 独占するのはこの男!?
「まあまあ危ない場面もありましたけど、要所要所でパットが決まってくれてパーセーブできました。15番パー5でグリーン手前から9メートルくらいのが入ってくれたのが大きかったですね(武藤)」

この日は特にグリーンが読みづらく「本当はじっくりと時間をかけて読みたいんですけど、スロープレーをするわけにもいかず、もう決め打ちするしかありませんでした。外れてもオレのストロークが悪いわけじゃない。そうやっていくしかなかったですね」。

ただ、長年この富士桜カントリー倶楽部で戦ってきた経験は伊達ではない。“このグリーンのライン、こんな傾斜が入っていたなぁ”といった情報を駆使し、それを生かした戦いを披露した。上位陣のスコアの伸び悩みには「今日のピン位置だと上位の戦いは難しいですよ。嫌でしょうね」と分析。明日、チャンスありますね、と声がかかると、そうだといいですねぇ、と不敵に笑った。

「昨日はスコアを崩したといっても、同組で回った稲森(佑貴)が、あまりにもいいゴルフをするものだからリズムがちょっと狂っただけ(笑)。調子はいいし、明日も今日みたいに落ち着いてプレーしたいですね。あとは自分を信じて頑張るだけ。前を走るより、ボクは後ろから追いかけるのが好きですから」

「3人のプレーオフに持ち込ませたい」とコースセッティングアドバイザーの細川和彦氏が計画する通り、どうやら明日のピン位置は、全体的に難しい設定になりそうな気配がある。そうなれば、一日の長があるベテラン・武藤にも確かにチャンスあり、だ。

文/伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>