<デル・テクノロジーズ選手権 初日◇1日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

米国男子ツアー、プレーオフシリーズ第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」が開幕。前週に開催された「ザ・ノーザン・トラスト」を制した世界ランクトップのダスティン・ジョンソン(米国)が初日に“66”をマーク。5アンダーで単独首位に立ち、2週連続優勝へ最高のスタートを切った。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
1打差の2位タイにはセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ジョン・ラーム(スペイン)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)、カイル・スタンレー(米国)の4選手がつけた。ベテランのフィル・ミケルソン(米国)が2アンダー12位タイと好位置に、ジョンソンとフェデックスカップの年間王者を争うジョーダン・スピース(米国)は、昨年覇者のローリー・マキロイ(北アイルランド)らと並び1オーバー42位タイ。ジャスティン・トーマス(米国)はイーブンパーで30位タイにつけた。

ポイントランク4位につける松山英樹は初日1イーグル・1バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“72”でラウンド。1オーバーでスピースらと並び42位タイに。松山は18番パー5で2オンに成功しイーグルを奪取。明日につながるプレーで最終ホールを締めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>