<フジサンケイクラシック 2日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

初日、16番パー3でホールインワンを達成。勢いそのままに“68”を叩き出した薗田峻輔が、今大会の主役候補に浮上した。

土屋太鳳似!池田勇太に優勝もたらしたハウスキャディ
前半でスコアを2つ伸ばした薗田は、折り返しの1番、2番、3番で3連続バーディ。その時点で3アンダー、暫定ながらも首位タイに並ぶ。「今日は気持ちよくプレーできて、波に乗れた感じです。ショットもパットもよかったです。80点以上のゴルフができました。(前日ホールインワンした)16番パー3もピンに向かって真っすぐ飛ばせて“おい、おい、またか”って声が上がって(笑)。2メートルについて、バーディパットは外してしまいましたけどね」。

不運だったのが難関5番パー4(535ヤード)における3打目のアプローチ。マウンドの上に立てられたピンに対して強めにヘッドが入ってしまい、大きくオーバー。そこから寄らず入らずのダブルボギー。しかし、気持ちが萎えることはなかった。1つ取り戻しておきたかった9番のティショットはカート道に跳ねて、ボールはベアグラウンドに止まった。「でも、ライがよくてスライスをかけて打てばちょうどいいかなぁと。ピンまでは105ヤード。池の方向に打ち出していかなければならなかったんですが、いい感じで打てて、6〜7メートルのパットを決められました」と笑顔を見せた。

今季自己ベストとなる4位タイの好位置で決勝ラウンドへ向かう。「6バーディを取れたことを自分で高く評価したいし、自信になりました。いい位置で決勝ラウンドに進むのは久々ですけど、とりあえず明日も今日みたいなゴルフできるように頑張ります」とツアー初勝利へ真っ向勝負を仕掛ける。

ちなみに、残り2日間で16番におけるエース達成者が現れなかった場合、薗田がホールインワンの副賞800万円を独り占めとなる。反響は大きかったようで「ネットやスポーツ新聞にも大きく取り上げられて、まるで優勝したみたいな騒ぎになりました。みんなから“ごちそうさま”って(笑)」。800万円だけといわず、優勝賞金2200万円で豪勢な祝賀会を開きたい。

文/伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>