<ゴルフ5レディス 初日◇1日◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(6,373ヤード・パー72)>

過去出場した5試合でトップ10以内が3回と好調が続いている永井花奈が、悪天候の中行われた初日のラウンドで、4バーディ・3ボギーの“71”をマーク。1アンダーの4位タイにつけ、念願のツアー初優勝に向けて絶好のスタートを切った。

【関連写真】女子プロがコスプレ姿でひいきを応援 意外なあの人も野球好き!
この日アウトからのスタートとなった永井。「前半からバーディチャンスにはついていたけど、練習ラウンドよりグリーンが重くなっていてショートする場面が続いた」と言うように、7番までパーが続く展開。8番で、「入ってくれて気持ちが楽になった」という1.5mのバーディパットを決めて1アンダーで折り返すと、後半は3バーディ・3ボギーの出入りの激しい展開に。それでもスコアを落とさず、4位タイで2日目のラウンドに駒を進めた。

そんな好スタートを切った永井は、今週の29日(火)に東京ドームで行われた広島VS巨人を観戦した。「広島の大ファン」という永井は去年のプロテストの前にも応援に行ってトップ合格を果たしたことから、今回も行ったという。自らは「菊池涼介内野手のファン」らしいが、この日は5回に飛び出した西川龍馬内野手の逆転2ランに「ウォーと大声を出して大興奮した」。そんなリフレッシュ効果が今回の好スタートにつながったかも、と笑顔を見せた。

今季がツアーフル参戦初年度の永井は、ここまでツアー24試合の出場でトップ10以内が6回、獲得賞金も2,900万円を突破するという活躍を見せている。だが、順位で見ると「大東建託・いい部屋ネットレディス」の4位が自己ベストと活躍度からすればやや物足りない数値。多くの賞金ランクの上位選手が欠場している今大会は、「(賞金よりも)勝ちたい気持ちが強い」という永井にとって初優勝のチャンス。「コースも難しいし、飛ばし屋だけが有利ではない」と色気を隠さない永井が、2日目以降どんなプレーを見せるのか楽しみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>