<フジサンケイクラシック 2日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

2日目、午前組でスコアを伸ばし、アンダーパー入りした日本人選手のひとり、出水田大二郎。プロ入り6年目、鹿児島県出身の24歳“イケメン”だ。昨年、チャレンジトーナメントの賞金ランクで7位に入り、今季前半戦の出場権を獲得。前週の「RAIZAP KBCオーガスタ」では予選2日間トータル9アンダーで2位に入り、決勝ラウンド最終組デビューを果たす。結果、7アンダー、15位タイで同大会を終えるが、2週連続上位で決勝進出を果たした。

土屋太鳳似!池田勇太に優勝もたらしたハウスキャディ
身長183センチの恵まれた体格から繰り出されるドライーバーショットは「当たれば300ヤードを越える」。先週の活躍でかなりの人に知ってもらえたというが、問題なのが苗字の読み方。「出水田」は“でみずだ”でなく“いずみだ”。もっと多くの人に覚えてもらいたいという。

今日はアウトスタート。ボギーを叩く選手が続出した難関5番ホールもパーで切り抜けた。「難しいアウトをなんとか1アンダーで回れたのが大きかったと思います。折り返しの10番、11番で連続ボギーしてしまって、流れを悪くしてしまったのですが、13番パー3で左5メートルに乗って、バチンと打ったのが入ってくれて助かりました」。

その後の14番パー4。この日はワンオンチャレンジホールと銘打ち、ティグラウンドを前にして距離は285ヤード。3番ウッドで刻んで、残り15ヤードからSWでチップインイーグル。上がり18番パー4をボギーとしたのは残念だったが、今週も見事に存在感を示している。

「先週に続き、調子よくプレーできていると思います。先週は3日目にスコアを落としてしまったので、明日はしっかりアンダーで回れるようにしたいですね。それには落ち着いてプレーすることが大事だと先週の経験から学びました」。

国内男子ツアーにぜひとも欲しい若きスター。その資質は十分にありそうだ。この決勝2日間、“いずみだ”の名を多くのゴルフファンに知ってもらえるような活躍を期待したい。

文・伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>