<ゴルフ5レディス 初日◇1日◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(6,373ヤード・パー72)>

1年前のこの大会で、ホステスプロとしてツアー初優勝を挙げた穴井詩。今回はディフェンディングチャンピオンとして初日のラウンドを迎えたが、1バーディ・3ボギーの“74”を叩き、2オーバー30位タイとやや出遅れた。

【関連写真】謎の魔法使いがコースに出現!?ゴルフ5レディスリアルライムフォト
現在の賞金ランキング1位と2位のキム・ハヌル(韓国)、鈴木愛の2人と共にティオフした昨年覇者だったが、「良くなかった、パッティングが特に」と振り返ったように、前半をバーディなしの2ボギーでハーフターン。後半も12番でボギーが先行する苦しい展開。16番のパー5でやっと初めてのバーディを奪ったものの、結局1バーディ・3ボギーの“74”でホールアウト。不満の残るスタートとなった。

初日のラウンドを終えての修正点はパッティング。「グリーンが昨日よりも重くて、距離感やフィーリングが合わなかった」と課題に挙げた。

2日目に向けては、「とりあえずしっかりスコアを作っていきたい」と語ったホステス。ボギー先行でバーディがなかなか獲れなかった初日を引き合いに出し、「(今日の分も)明日はバーディを獲っていきたい。最低限、予選通過を目指す」と、2日目以降の巻き返しを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>