<フジサンケイクラシック 2日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、トータル6アンダーでホールアウトした岩田寛が、稲森佑貴と並んで首位タイをキープした。

土屋太鳳似!池田勇太に優勝もたらしたハウスキャディ
2打差3位にチェ・ホソン(韓国)が、4打差4位タイには初日にホールインワンを決めた薗田峻輔がつけ、明日からの決勝ラウンドに挑む。賞金ランク2位の宮里優作はトータル1アンダー6位タイと、同ランク首位のチャン・キム(米国)に5打差をつけてフィニッシュ。

2連続優勝を狙う池田勇太は、トータル5オーバー51位タイに後退、辛くも予選通過となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>