<ゴルフ5レディス 事前情報◇31日◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(6,373ヤード・パー72)>

9月1日(金)から行われる国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」。優勝へのカギを握る“Key Hole”として、今回は15番ホールをピックアップ。

大好評!総数1500枚以上の美女プロLIVEフォトギャラリー
■15番ホール(380ヤード・パー4)
昨年開催されたゴルフ5カントリー美唄コースではなく、今年は千葉県にあるゴルフ5カントリーオークビレッヂで行われる今大会。ゴルフ5レディス初開催となる今コースは各ホールがアーサー王伝説をモチーフにデザインされ、各ホール毎に伝説にまつわるネーミングがあるのが特徴。伝説の由来にちなんでバンカーや池、モニュメントが配置されており、戦略性のあるコースとなっている。

「4つあるショートホールが難しい」と話すのは上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏。「特に浮島となっている2つは要注意です。風が吹いたら、池に入れる選手が何人か出てくると思います」。

そんな辻村氏が一番の難易度に挙げたのが15番パー4。ドーバー海峡の白崖をモデルにし、石積みのあるミドルホールでティショットは左が池、右がOB。「ティショットの難易度もさることながら、セカンドが打ち上げになっているのも難しいポイント(辻村氏)」。ちなみにこの15番のネーミングは『サー・ランスロット』。“湖の騎士”を乗り越えなければ、栄光は見えてこない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>