<ニトリレディス 最終日◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

北海道での今シーズン最後の戦いとなった「ニトリレディス」最終日。地元出身の藤田光里はノーバーディ・1ボギー・2ダブルボギーの“77”。トータル9オーバーの54位で戦いを終えた。

ニコニコ道産子美人、藤田光里の特選フォトギャラリー
スコアは出なかったが「今日は悪かったけどやりたいことはできた」と収穫はあった。パー5で2打目がフェアウェイから全て2オンを狙った。「距離的にはどのパー5も届くので狙っていきました。攻撃的にいきました」。ショットが復調してきたことで、本来のアグレッシブさを取り戻したゴルフを展開。バーディは奪えなかったが自分らしいプレーに「今までの試合に比べて一番楽しかった」と笑顔を見せた。

今季序盤からショットの不調に苦しんでいたが、それにより良かったことも最近見えてきた。「ショットを曲げたことが多かったので、林の中から出すのが上手くなったりレイアップが落ち着いてできるようになりました。ジュニアの頃からここまで曲がったことはなかったので、やる回数も少なかったのですが、今年何度もやったので自信がついてきた」。多少のトラブルはものともしなくなった。

現在賞金ランク81位。シード権の50位まではまだまだ差がある状況で秋の陣を迎える。「今はシード獲得から目標を変えて、シードよりも1日1日納得のいくゴルフをしたい。落ちたらQTにいけば良いだけのこと。前を向いて頑張りたい」。地元でゴルフも気持ちもアグレッシブさを取り戻した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>