<ニトリレディス 2日目◇25日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

雨が降った初日とは打って変わり、朝から吹いた強い風が選手の行く手を阻んだ。難コース・小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」の第2ラウンド、松森彩夏が5バーディ・1ボギーの“68”とスコアを4つ伸ばし、トータル5アンダーの4位タイに浮上した。

スタイル抜群!松森彩夏のドレス姿は女子プロ写真館で!
午後組でOUTからスタートした松森は、出だしの1番で残り174ヤードの2打目を1.5mにつけて“おはようバーディ”。6番でボギーを叩いたが、9番で1.5mを決めて再びアンダーパーへ。さらに折り返しての11番で5mを決めると、14番、15番と連続バーディ。小樽の最難関16番は20ヤードのアプローチを1.5mに寄せて「バーディくらいの価値がある」パーを奪取。好位置で決勝ラウンドへ駒を進めた。

「少しショットの調子が上がってきた」と松森。6月ごろから「ドローヒッターなのに球がつかまらない」と、調子を落とし始めた。そんなときに左手の指を怪我したため2週間欠場し態勢を整えた。「スイングがカット軌道になっていたので修正しました。コーチと話してアライメントなど細かい部分をチェックして。あとは気持ち的にも“また新しい気持ち”とリセットしました」。そして先週の「CAT Ladies」で復帰。「先週から大分良くなってきた」と手ごたえを掴んで北の大地へと乗り込んできた。

また、その休み期間に行われた女子海外メジャー「全英リコー女子オープン」、男子海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」の2つをテレビで観戦。特に全米プロは初日から「夜更かしして(笑)」じっくりとチェックした。

「松山英樹選手を見ました。日本人で世界のトップを争ってるし、優勝争いもしていたので。ゴルフに対する情熱を見習いたい。感情を表に出さない人が泣いていて。それだけ悔しかったんだろうな、と思って。もらい泣きしそうになりました」

そしてもう1つ、プレーで気になることがあった。「見ていてショートゲームがとても上手かった。アメリカの様々なコンディションで引き出しがたくさんあって、その中で自分のイメージを出すのが上手い。イメージ力が豊かというか。打つ前に(イメージを)しっかりと出して、それに対する構えや打ち方を意識するようにしてパターもアプローチも良くなりました」。この日叩いたボギーは1つのみ。難コース攻略へ大きな助けとなった。

ショット、ショートゲーム共に良くなっているが、明日に向けては“欲を出しすぎないこと”をキーポイントに挙げる。「コースが難しいので、期待してなかったワケじゃないけど、無理せずできたらと思っていました。明日もバーディを獲りにいって獲れるコースじゃないので、1打1打集中してやった結果、と今日と同じスタンスでいきたいです」。首位とは5打差。無欲で差を縮めにかかる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>