<広島シニアゴルフトーナメント 最終日◇25日◇広島カンツリー倶楽部 西条コース>

国内シニアツアー「広島シニアゴルフトーナメント」の最終日。6アンダー首位発進で優勝に王手をかけていた米山剛が9バーディ・1ボギーの“63”のビッグスコアをマークし、トータル14アンダーでシニア2勝目を果たした。

【スイング連続写真】米山剛 ドライバーショット
スタートホールの1番から4連続バーディのロケットスタートを決めた米山は、前半上がり9番でもバーディを奪取、5ストローク伸ばして前半を折り返す。後半出だしの10番パー4でこそボギーを叩いたが、その後も勢い衰えず4つのバーディを奪取。トーナメントレコードを3打更新する、トータル14アンダーの圧勝劇で2週連続優勝を飾った。

3打差2位には“61”の猛チャージを見せた久保勝美、4打差3位に井戸木鴻樹が入った。ツアー初勝利を狙ったシニア・ルーキーの川岸良兼はスコアを1つ伸ばすにとどめ、トータル6アンダー9位で2日間を終えた。

【最終結果】
優勝:米山剛(-14)
2位:久保勝美(-11)
3位:井戸木鴻樹(-10)
4位T:清水洋一(-7)
4位T:溝口英二(-7)
4位T:坂本柊人@(-7)
4位T:金鍾徳(-7)
4位T:フランキー・ミノザ(-7)
9位:川岸良兼(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>