<広島シニアゴルフトーナメント 初日◇24日◇広島カンツリー倶楽部 西条コース>

本日24日(木)より2日間の日程で開幕した国内シニアツアー「広島シニアゴルフトーナメント」の初日。全選手がこの日の競技を終え、2週連続優勝を狙う米山剛が清水洋一と並び、6アンダー首位タイ発進を決めている。

【スイング連続写真】米山剛 ドライバーショット編
1打差3位タイに井戸木鴻樹、川岸良兼、グレゴリー・マイヤー(米国)、金鍾徳(韓国)が、2打差7位タイに冨永浩、原田三夫、河村雅之が続いている。

昨年覇者の真板潔は6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら、2アンダー15位タイの好位置で初日を終えている。なお、シニア賞金ランク首位のプラヤド・マークセン(タイ)は国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」に出場しているため、今大会を欠場している。

【初日の順位】
1位T:米山剛(-6)
1位T:清水洋一(-6)
3位T:川岸良兼(-5)
3位T:井戸木鴻樹(-5)
3位T:グレゴリー・マイヤー(-5)
3位T:金鍾徳(-5)
7位T:冨永浩(-4)
7位T:原田三夫(-4)
7位T:河村雅之(-4)
15位T:真板潔(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>