<ニトリレディス 事前情報◇22日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

24日(木)から4日間の日程で行われる国内女子ツアー「ニトリレディス」。開幕を2日前に控えた22日(火)の午前中、強い雨に見舞われる中、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来の出場となるアン・シネ(韓国)はINコースを入念にチェックした。

悩殺ミニスカでギャラリー夢中!アン・シネのフォトギャラリー
初めての小樽は「日本のコースではない感じがした。アメリカのような雰囲気。芝や見た目も。特に今日は雨なのでラフも特に難しさを感じた」とシネ。「基本的にはフェアウェイが狭い、グリーンも簡単ではないのでショットの精度が大事になると思うのでマネジメントをしっかりして曲げないようにしたい」とキーポイントを挙げた。

毎試合新しいコースと対峙するのは経験豊富なシネとて簡単なことではない。「自分の目で見て感じることがとても大事なので、練習ラウンドを大切にしている」。だからこそ今日も豪雨の中、9ホールラウンドしたのだ。

だが、今回は強い味方が。たまたま飛行機でキム・ハヌル(韓国)と一緒になり、フライトの間、コースのイメージなどを教えてもらったり、ツアーを転戦する上でのコツ(レンタカーを安く借りるポイントなど)のアドバイスをもらった。「ありがたいです。そのイメージをもとに今日は回りました」と百戦錬磨の先輩のイメージをもとにしながら攻略法を作り上げた。

「北海道は涼しいですしギャラリーにしても快適に観戦できると思う。その前でいいプレーを見せられたらと思います」と意気込んだセクシークイーン。難攻不落の小樽カントリークラブを自身の感覚と“スマイル・クイーン”の助言をもとにどう攻略するのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>