米国男子ツアー「ウィンダム選手権」を終えた20日付けの最新男子世界ランキングが発表された。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトギャラリーでプレーバック
同大会で今季初優勝を挙げたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が前週の9位から6位に浮上。トップ5の選手に順位の変動はなく、松山英樹は変わらず2位にランクインしている。首位は変わらずダスティン・ジョンソン(米国)が堅守した。

欧州ツアー「サルタイヤエナジーポール・ローリー マッチプレー」でツアー初制覇を成し遂げたアドリアン・オタエギ(スペイン)が262位から141にジャンプアップ。欧州、アジアなどが共催の「フィジーインターナショナル」を制したジェイソン・ノリス(豪州)は1,238位から423位に順位を上げた。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.27pt)
2位:松山英樹(9.36pt)
3位:ジョーダン・スピース(9.06pt)
4位:ローリー・マキロイ(7.35pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(6.81pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(6.81pt)
7位:ジャスティン・トーマス(6.57pt)
8位:ジョン・ラーム(6.42pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.26pt)
10位:リッキー・ファウラー(6.14pt)

53位:谷原秀人(2.46pt)
71位:池田勇太(1.96pt)
119位:小平智(1.32pt)
136位:宮里優作(1.20pt)
145位:今平周吾(1.15pt)
173位:片岡大育(0.99pt)
174位:藤本佳則(0.98pt)
194位:石川遼(0.91pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>