<ニトリレディス 事前情報◇21日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ニトリレディス」が24日(木)から4日間の日程で北海道の小樽カントリー倶楽部を舞台に開催される。

道産子美人・小祝さくらの特選フォトギャラリー
昨年大会ではトータル7アンダーで並んだイ・ボミ(韓国)と笠りつ子によるプレーオフの末、笠が勝利。通算5勝目を挙げた。今年はボミは出場しないが、笠をはじめ、キム・ハヌル(韓国)や鈴木愛、上田桃子、比嘉真美子、成田美寿々ら実力者たちがこぞって参戦。誰もが認める戦略性の高さと素晴らしいコースコンディションが賞賛される北の名門でその技を競う。

また注目は主催のニトリと所属契約を結ぶホステスプロが昨年までは永峰咲希、岡山絵里、高木萌衣の3名だったが、新たに北海道出身で今季プロテストに合格したルーキーの小祝さくらが加わった。高校3年時に出場した「ニッポンハムレディス」でアマチュアながら優勝争いに加わった逸材がホステスプロとしてどんなプレーを見せるのか。北海道のゴルフファンには大きな楽しみが一つできただろう。

昨年から“世界基準”の4日間大会となったこの試合。今年の小樽カントリーは総距離が54ヤード伸び、さらに難易度が上がっている。北の名門を制し、最終日18番で笑うのは誰か。

<ゴルフ情報ALBA.Net>