<ウィンダム選手権 最終日◇20日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の最終日。33位タイから出た石川遼は1バーディ・1ボギーのイーブンパー、“70”でラウンド。スコアを伸ばせずトータル7アンダーで競技を終えた。

米国男子ツアーの熱戦をフォトギャラリーでプレーバック
5番パー5でバーディを奪いスコアを1つ伸ばして折り返した石川。後半は10番でボギーが先行。その後はパーを重ね、最終18番ではセカンドショットをピン奥約2メートルにつけたが決められず。順位を上げて終わりたかったがホールアウト時点では42位まで順位を落としてしまった。石川はこの結果来季のシード権は確保できず、下部ツアーとの入れ替え戦に回ることが正式に決定した。

首位はトータル17アンダーでプレー中のケビン・ナ(米国)ら4選手。1打差でライアン・アーマー(米国)らが追走している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>