<ウィンダム選手権 3日目◇19日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」は、3日目の競技を終了。この日4つスコアを伸ばしたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が、トータル16アンダーで単独首位に立った。

米国ツアーの激闘をフォトギャラリーで振り返ろう!
1打差の2位タイには、2日目に首位タイだったウェブ・シンプソン(米国)のほか、この日スコアを5つ伸ばしたケビン・ナと4つ伸ばしたオリー・シュナイダーヤンズ(ともに米国)の3人が並んだ。

3アンダー・66位タイから出た石川遼は、8バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“66”でフィニッシュ。スコアを4つ伸ばし、トータル7アンダー・33位タイと順位を上げた。来季の米国ツアーのシード獲得と、この試合の翌週から始まるプレーオフ進出には2位以上に入ることが条件。厳しい状況が続くが、最終日の猛チャージに期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>