<CAT Ladies 2日目◇19日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

「CAT Ladies」で1年2か月ぶりの首位発進を決めたイ・ボミ(韓国)。2日目も3バーディ・ノーボギーとスコアを3つ伸ばしトータル8アンダーで首位タイをキープ。ホールアウト後は「ノーボギーはとっても嬉しい!」と笑顔で引き上げてきた。

今日のボミはモダンスタイルで勝負!?美女ゴルファー満載でお届けするLIVEフォト
そのノーボギーを支えたのは、同組で回った種子田香夏、解説を務めた茂木宏美が口をそろえて称賛したアプローチ。ボミも今日のアプローチには満足げだ。「今日は全部お先にの距離に寄せられました。1、2mくらい残ってたら不安もあってボギーがあったかもしれません。だけどイメージ通りに落とせて寄せられたので、今日はアプローチが楽しかった」。

背景にはボミらしい入念な準備が。「今週はラフが深いのでいつも以上にたくさん練習しました。グリーンが止まるから、短いクラブでは攻めていく。その分、こぼれたときにしっかり寄せられるように備えました」。また、今日のアプローチは全てピンに向かって上りのもの。「下りは難しくなるので、上りのアプローチができるように外す位置を考えたマネジメントが決まった」。もちろん、そのマネジメントを実行できるショットの精度は必要不可欠。今季初勝利へ向けて、昨年の賞金女王は力を取り戻しつつある。

首位で最終日を迎えるのは昨年8月の「meijiカップ」以来。「明日は自分を信じていきたい。今年悪いこともあったけどすべて忘れて今週良かったことだけを考えてやりたいです」と大会連覇へ意気込んだ。

ちなみに8月21日に誕生日を迎えるボミにとって、今週は28歳最後の一週間。プレゼントとして欲しいのはやはり“優勝”だという。なお、「29歳には当たり前ですけどなりたくないですよ。考え方や頭の中だけ29歳になって、顔や体は27歳になりたい(笑)そして来年は26に」と乙女心を覗かせた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>