<CAT Ladies 初日◇18日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

「ホントに久しぶり!ボードに自分の名前があって1番上。本当に嬉しかった」とホールアウト後、久々に満面の笑みを見せたのが昨年覇者のイ・ボミ(韓国)。6バーディ・1ボギーの“68”で5アンダー首位タイ発進を決めた。

やっぱり人気者!ボミの後にはファンがズラリ
この日は「1番からバーディが獲れて…」と残り55ヤードからの3打目を2mにつけて“おはようバーディ”を決めると、7番からは3連続バーディを奪取。雨が強くなった後半は耐えるプレーが続いたが、15番ボギーで迎えた最終18番で上からの5mを沈めてバーディフィニッシュ。昨年の「伊藤園レディス」以来、約9か月ぶりとなるトップに立った。

好プレーの一番の要因に挙げたのがショット。「今までは調子が悪かったので逃げる攻め方が多かった」。ピンが右なら左、左なら右とボギーを叩かぬよう、グリーンの広い方を狙っていくことが多くなっていた。だが、「今日は全ホールで勇気を持ってピンを狙うことができました」とリスクを背負う攻撃的なゴルフを展開。何度もチャンスを演出、好スコアへとつなげた。

またショットが良くなったことでグリーン上へのストレスも軽減した。「ショットで考えすぎていてパットに集中できていなかった。ひどい時はグリーンでも“ショットどうしよう…”と考えていた。それが無くなってラインやグリーンスピードに集中できた」。苦手としている重いグリーンでも次々とチャンスをものにした。

ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。ショットでの悩みはホテルに帰っても続き、オフの日でもゴルフのことが頭から離れなくなった。「体力、気力ともにかなり消耗していました」。またコース上でも一番ひどい時は「打つのが怖い」とキャディの清水重憲氏に漏らすほど。清水氏は「どこに行っても大丈夫だから打って」や「このクラブは距離がぴったりだから大丈夫」と励ましながら、「悪くてもコースでチャレンジしないとどうにもならないよ」と諭して背中を押した。何度も試行錯誤を繰り返し、「そして今日があります。久しぶりにゴルフが楽しかったです!優勝していた時の感覚に近い」とボミも本来の笑顔を取り戻した。

8月21日が誕生日のボミにとって、28歳の集大成となる試合。「この歳で迎える最後の一週間です。本当に一生懸命頑張りたい」。29歳までの残り2日、取り戻したショットで攻めて攻めて攻めまくる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>