<ウィンダム選手権 初日◇17日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」が開幕。1イーグル・7バーディの“61”をマークしたマット・エブリー(米国)が9アンダーで単独首位に立った。

タイガーがメジャーVのJ・トーマスとディナー!
昨年の「全英オープン」覇者、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が8アンダーで1打差の2位に。キャメロン・スミス(オーストラリア)、ウェブ・シンプソン(米国)ら7選手が7アンダーで3位タイグループにつけた。

石川遼は1イーグル・5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの今季自己ベスト、“66”でホールアウト。4アンダー18位タイとバーディ合戦の中で出遅れることなく、上々のスタート。この試合で2位以内に入ることがプレーオフシリーズ進出、そして来季の出場権の条件。まずは初日につまずくことなく十分に予選通過が狙える位置につけた。

岩田寛は2バーディ・2ボギーの“70”でフィニッシュ。イーブンパー102位タイと出遅れてしまった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>