<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日がスタート。トータル1オーバーの18位タイにつけている小平智が日本勢の2番手としてティオフ。スタートホールをパーとしてコースへと飛びだした。

【関連動画】松山英樹らが語る、最終日のカギを握るのは?
ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と共にスタートした谷原は、1番で2打目を奥約7.2mにつけるも約60cmオーバー。返しのパットを沈めてパーとした。

トータル7オーバーの64位タイにつけている谷原秀人はすでにホールアウト。3連続ボギーなどスコアを4つ落とし、トータル11オーバーとして現時点で69位につけている。

首位と1打差、トータル6アンダーでメジャー初制覇を目指す松山英樹は日本時間3時35分にジャスティン・トーマス(米国)と最終組の1つ前からケビン・キスナー(米国)の背中を追いかける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>