<全米プロゴルフ選手権 初日◇10日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

今季最後の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」が開幕。午後組の日本勢、谷原秀人、池田勇太、小平智の3人がハーフターンを迎えた。

ニコニコ松山、ファンサービスにも熱心
OUTから出た谷原は出だしの1番でボギーがくる嫌な流れにも動じず。5番で約4.5mのバーディパットを沈めて1バーディ・1ボギーで折り返し。イーブンパーの22位につけている。池田勇太、小平智は共に1オーバーでハーフターン。現時点で39位、バックナインで伸ばして行きたいところ。

午前組でスタートした松山英樹は、6バーディ・5ボギーの“70”でラウンド。1アンダーで現時点で11位につけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>