<全米プロゴルフ選手権 初日◇10日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

今季最後の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」が開幕。メジャー制覇に向けて午前組でスタートした松山英樹はハーフターンを迎えて1アンダー、現時点で5位タイにつけている。

【関連ニュース】最年少キャリアグランドスラムを狙うスピース、松山英樹は「今一番熱い選手」
松山は出だしの10番で約3.5mを沈めてバーディを奪うと、続く11番でもバーディ。次の12番でボギーを叩いたが、15番のパー5できっちりバーディを奪取。18番を落としたが、アンダーパーで折り返した。

その他の日本勢、池田勇太、谷原秀人、小平智は午後組でスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>