6日(月)付けの最新男子世界ランキングが発表された。

【PGAツアー動画】今季3勝目の松山英樹「最後まで信じられなかった」
「WGC-ブリヂストン招待」で優勝した松山英樹は76ポイントを獲得。2位のジョーダン・スピース(米国)との差を縮めたが、順位は前週と変わらず3位となっている。

首位は変わらずダスティン・ジョンソン(米国)が堅守。トップ9までの選手に順位の変動はなく、WGCで9位に入ったリッキー・ファウラー(米国)が10位に浮上、トップ10に返り咲いた。また、米国男子ツアー「バラクーダ選手権」でツアー初優勝を挙げたクリス・ストラウド(米国)は413位から202位に浮上した。

日本勢の2番手は52位の谷原秀人、3番手は70位の池田勇太となっている。小平智は2ランクアップの119位に順位を上げた。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.23pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.05pt)
3位:松山英樹(8.99pt)
4位:ローリー・マキロイ(7.50pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(6.87pt)
6位:ジョン・ラーム(6.50pt)
7位:ジェイソン・デイ(6.30pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(6.20pt)
9位:アレックス・ノレン(6.19pt)
10位:リッキー・ファウラー(5.78pt)

52位:谷原秀人(2.51pt)
70位:池田勇太(2.04pt)
119位:小平智(1.31pt)
129位:宮里優作(1.24pt)
140位:今平周吾(1.18pt)
168位:藤本佳則(1.05pt)
170位:片岡大育(1.03pt)
176位:宮本勝昌(0.97pt)
180位:石川遼(0.96pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>