<FedExカップポイントランキング>

世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」終了時点のFedExカップポイントランキングが発表され、ブリヂストン招待で今季3勝目を挙げた松山英樹が550ポイントを獲得。前週の3位から1位に返り咲いた。プレーオフシリーズの結果次第だが、松山は年間王者が視野に入る位置で今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」を迎える。

松山英樹の熱戦を特選フォトでプレーバック!
ジョーダン・スピース(米国)は2位に、ダスティン・ジョンソン(米国)は3位に後退した。

【FedExカップポイントランキング】
1位:松山英樹(2,754point)
2位:ジョーダン・スピース(2,579point)
3位:ダスティン・ジョンソン(2,409point)
4位:ジャスティン・トーマス(2,089point)
5位:ジョン・ラーム(1,748point)
6位:リッキー・ファウラー(1,717point)
7位:ブルックス・ケプカ(1,679point)
8位:ダニエル・バーガー(1,623point)
9位:ケビン・キスナー(1,503point)
10位:ブライアン・ハーマン(1,500point)

171位:石川遼(137point)
198位:岩田寛(76point)

<ゴルフ情報ALBA.Net>