世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」で松山英樹が今季3勝目、ツアー通算5勝目を挙げた。

優勝カップを掲げる松山!今季3勝目
松山は最終日に1イーグル・7バーディの“61”をマーク。コースレコードタイのスコアで2位に5差をつけ圧勝した。

松山のセッティングで前回優勝時と変わったのはユーティティとパター。ユーティリティはキャロウェイ『Apex UT』から本間ゴルフの『TW727 UT』に変化。エースパターはピン型の『スコッティ・キャメロン Timeless』だが、今週はマレット型の『TP COLLECTION MULLEN プロトタイプ』に変更。今後も使い続けるかは不明だが、このパターで最終日はチャンスをほぼ確実に入れた。

またドライバーは試合前にダンロップのプロトタイプをテストしたようだが、前回優勝時と変わらなかった。松山の使用クラブは以下の14本。

【松山英樹の優勝セッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:キャロウェイ グレートビッグバーサ
(9.5度/ツアーAD DI-8TX)
3W:テーラーメイド M2(2017) フェアウェイウッド
(15度/ツアーAD DI-9TX)
UT:本間ゴルフ TW727 UT
(19度/ツアーAD DI-115 Hybrid X)
4I〜PW:ダンロップ SRIXON Z965
(トゥルーテンパー DG S400)
AW、SW、LW:クリーブランド RTX2.0 Precision Forged 52、56、60°
P:テーラーメイド TP COLLECTION MULLEN プロトタイプ
B:ダンロップ SRIXON Z-STAR XV(2017)

<ゴルフ情報ALBA.Net>