<マルハンカップ太平洋クラブシニア 最終日◇6日◇太平洋クラブ六甲コース(6,915ヤード・パー72)>

5日(土)から2日間の日程で行われたシニアツアー「マルハンカップ太平洋クラブシニア」の最終日。4アンダーの4位タイから出た秋葉真一が10アンダーまでスコアを伸ばし、羽川豊とのプレーオフに突入。1ホール目でバーディを奪った秋葉が、今季初優勝を飾った。

松山英樹WGC2勝目見えた!3日目のプレーを秘蔵写真で振り返る
「今日はパッティングが凄く良くて。本当にそれに尽きますね」と、この日のラウンドを振り返った秋葉。その言葉通り、1番、2番を連続バーディ発進とすると、6、7、8番では3連続バーディを奪い、前半だけで5つスコアを伸ばし9アンダー。この時点で初日首位だった羽川を逆転した。

しかし、後半は、「マークセンは抑えたけど、前でボコボコいれちゃっている奴がいましたね(笑)。追いついてやろうと思ったら 11 番、12 番で(バーディが)取れて、14番、16 番でも取れた」という羽川の逆襲にあう。最終組の羽川の1つ前でプレーしていた秋葉が18番に入る時点で10アンダー、羽川が11アンダーと再逆転を許していた。

18番で追いつきたかった秋葉だったが、パーオンできず約4mのパーパットを残してしまう。「羽川さんが 11 アンダーかと思っていたので、何とかパーは取りたい」と思って打ったパットをしぶとく沈めたところ、何と羽川は17番でボギー。18番終了時で、10アンダーで2人が並ぶ状況となった。

プレーオフについては、「15〜16 年前にアジア男子ツアーで3 人でやった以来 2 回目。その時は負けた」という秋葉。プレーオフに持ち込むパーパットを決めた18番パー4での1ホール目。135ヤードをPWで狙ったセカンドショットは約2mにつき、勝負を決めるバーディに繋がった。

ホールアウト後、負けた羽川に、「本当に前に秋葉がいたのを忘れていた。ゴルフの内容は良かったけど、結果的には秋葉を褒めるしかない」と言わしめた秋葉。先週、後援競技として行われた「熊本・阿蘇シニアオープン」からの2試合連続優勝となったことについては、「当然(連続優勝は)初めて。ゴルフは少し良くなっていたけど、まだ自信はなかった。上位にいければと思ってやっていたので、初日から良いスタートがきれたのが良かった」と述べた。この優勝で賞金1000万円を加算し賞金ランクを2位に上げた秋葉が、トップを独走中のプラヤド・マークセンをどこまで追い上げていけるのか、今後に注目だ。

【最終順位】
優勝:秋葉真一(-10)
2位:羽川豊(-10)
3位T:プラヤド・マークセン(-9)
4位T:鈴木亨(-7)
4位T:川岸良兼(-7)
4位T:渡辺司(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>