<バラクーダ選手権 3日目◇5日◇モントリューゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>

3日目に入った米国男子ツアー「バラクーダ選手権」は、全選手がこの日の競技を終えた。3位タイから出たグレッグ・オーウェン(イングランド)が9バーディ・1ボギー・1ダブルボギーで14ポイントを奪う猛チャージを見せ、トータル37ポイントで単独首位に躍り出ている。

世界の一流プレーヤーが集結!米国男子ツアーの特選フォトギャラリー
5ポイント差の2位タイにはこの日11ポイントを加算したデレク・ファサワー(米国)とスチュアート・アップルビー(豪州)。6ポイント差の4位にリッキー・バーンズ(米国)が続いている。

この大会はツアーで唯一、“ステーブルフォード方式”で競われる。この方式はスコアに応じてアルバトロスが8点、イーグルが5点、バーディが2点、パーが0点、ボギーが-1点、ダブルボギー以下は-3点というポイントが与えられ、その合計で順位を争う。

【3日目までの順位】
1位:グレッグ・オーウェン(37pt)
2位T:デレク・ファサワー(32pt)
2位T:スチュアート・アップルビー(32pt)
4位:リッキー・バーンズ(31pt)
5位T:リッチー・ワレンスキー(30pt)
5位T:トム・ホウグ(30pt)
5位T:ベン・マーティン(30pt)
5位T:ディッキー・プライド(30pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>